酵素ドリンク 酵素サプリ 違い メリット デメリット

酵素ドリンクと酵素サプリの違いって一体。。。

 

 

酵素を扱った商品ととして有名なのが

 

酵素ドリンク酵素サプリですね。

 

 

どちらも酵素の働きによって
体内の消化酵素を助ける効果を持っていますが

 

 

どちらが効果的でどのような違いがあるのか
分からない方も多いと思います。

 

 

ブログによっても評価は分かれているし
商品を開発しているメーカーによっても変わってきます。

 

 

酵素ドリンクと酵素サプリのメリットデメリット

 

酵素ドリンクのメリット

即効性がある
食事変わりにできる

 

酵素ドリンクはサプリに比べて吸収率が高いので
効果に即効性があるので人気が高いです。

 

さらにダイエット目的で飲む人にとっては食事の代わりにドリンクを飲むこともできるので
摂取カロリーを簡単に抑えられて減量効果が高いことで
ダイエットにおすすめされているんですね。

 

 

酵素ドリンクのデメリット

管理が面倒
価格が高い
酵素が死んでいる可能性がある
味に好き嫌いがある

 

デメリットとしては冷蔵庫で冷やさないといけないので
持ち運びに不便なところや価格が高いこと

 

味やドロドロ感など美味しさは期待できません。

 

そして最大のデメリットなのが瓶詰めドリンクの加熱処理により
酵素が死んでしまうという点
酵素は49℃以上の熱を加えられると活性を失います。

 

 

 

酵素サプリのメリット

飲みやすい
持ち運びが便利
値段が安い

 

カプセルやタブレットタイプのサプリメントは圧倒的に飲みやすいのと
持ち運びに便利なのが特徴です。

 

また49℃以上の熱処理がされていないのも
活きた酵素を取り入れるうえでは大きな特徴です。

 

価格もドリンクに比べて格安のものが多いですね。

 

 

酵素サプリのデメリット

即効性が低い
食事変わりにならない

 

ドリンクにくらべて吸収率が悪いのですぐに効果は発揮されません。
長く使ったジワジワと効果が出るものとお考えください。

 

また、サプリなので食事の代わりにはなりません。

 

 

こうじ酵素をサプリで試すなら7日間300円のこちらがおすすめ

新谷酵素を購入したので感想をレビューします

こうじ酵素の効果 こうじ酵素の副作用 酵素を飲むタイミング 代謝を上げる方法 新谷酵素サプリ